のべんこむ

アニメや漫画・ラノベ系記事

のべんこむ

MENU

【俺ガイル13巻】ついに俺ガイル続刊が発売!どんなストーリーか?14巻の発売日は?

12巻から1年2ヵ月、ようやく俺ガイル13巻が発売しますね。

元々は10月の発売予定でしたが、11月20日に延期してしまいました。

さすがに11月に入ってから、また延期になりました!という情報はないと思いますが、まあいつもの俺ガイルを知っている人なら信用できませんね...

12巻のおさらい

f:id:shinji92:20170922172150j:plain

以前にこちらの記事で12巻のネタバレを書いてました。
www.novencom.net
12巻の大まかな内容は、3年生の謝恩会でプロムをやりたいという、一色に頼まれた依頼ですね。

最初は雪乃一人でやり、ちょっとだけ八幡と由比ヶ浜が手伝う的な感じで順調に進んでいました。

しかしラストの方でプロムが中止になる趣旨を平塚先生に告げられ、それを八幡が助けようとします。

「いつか、助けるって約束したから。」

それを知った由比ヶ浜の涙。

あとは3人の関係性をなんていうのか、陽乃は「共依存」と結論。

表紙は雪乃でしたが、由比ヶ浜がメインの話と言ってもいい感じの巻でしたね。

13巻はどんな話になる!?

f:id:shinji92:20170922171902j:plain

エンドロールが流れる前に
暦は雪解けの季節を迎えるが、新しい希望の芽吹きはまだ遠く感じられる3月。
それぞれの想いを言葉にし、行動しようとする雪乃、結衣、八幡。そして、それは今のままの関係でいることを終わらせることでもあって――。
雪ノ下雪乃は、最後まで見届けて欲しいと願った。由比ヶ浜結衣は、このままずっと一緒にいられたらと祈った。美しい夕日に時が止まればと願っても、落日を迎えなければ新しい日はやってこない。前に進むために諦めること、終止符を打つこと。悩むまもなく、巻き戻すことも出来ず、エンドロールは流れ始める……。 ※Amazonより引用

このあらすじから察するに、恐らく3人が、それぞれに自分の気持ちを伝えるのだと思います。
八幡が、雪乃、結衣に抱いている気持ち。
雪乃が、八幡、結衣に抱いている気持ち。
結衣が、八幡、雪乃に抱いている気持ち。

12巻までの内容から、恐らく結衣は八幡に好意を抱いてるでしょうが、雪乃の八幡に対する気持ちは好意ではないような気がします。

そういったことも、13巻では全て明らかになると思われます。

雪ノ下雪乃は、最後まで見届けて欲しいと願った。
あらすじのこの文章から、12巻ラストで八幡は、プロム中止の件で雪乃を助けようとしていましたが、雪乃はそれを拒み、「自分でやり遂げるから、最期まで見届けてほしい」と、八幡に頼らず一人でやり遂げようとするんでしょうね。

前に進むために諦めること、終止符を打つこと
3人の気持ちを告白し、今の陽乃がいう「共依存」の関係に終止符を打つ。

由比ヶ浜結衣は、このままずっと一緒にいられたらと祈った
この文章がちょっとどう転ぶか分かりませんね。3人の気持ちを告白することを結衣が拒むのか。それか告白してなお、3人で一緒にいたいと思っているのか。

14巻の発売日はいつ?

さて、渡航先生から、13巻と14巻はほぼ同時に発売すると発表されていましたが、現在14巻の発売日は未定です。

「ほぼ同時」という事なので、普通に考えれば12月には発売すると思うのですが...

渡航先生なのでやっぱり信用できませんね(笑)

さすがに1年後とかはないと思いますが、まあその可能性も視野にいれて待ってたほうがいいかもしれませんね。