のべんこむ

アニメや漫画・ラノベ系記事

のべんこむ

MENU

青春ブタ野郎第5話のネタバレと解説 朋絵の咲太に対する気持ちは?

青春ブタ野郎、待望の第5話が放送されましたが、結構駆け足でしたね。原作を読んでないと理解できない部分もあったと思うので、今回は5話の解説とネタバレをしようと思います。

麻衣が咲太に心配している事は?

f:id:shinji92:20181101235636p:plain
麻衣の「フリが本当にならなきゃいいけど。あの1年生の事よ」のセリフ。

咲太は言葉の意味を理解しておらず、「僕は麻衣さん一筋です!」と言っていましたが、麻衣が心配しているのは朋絵の事です。

朋絵が、本当に咲太の事が好きになる事を心配していました。

麻衣自身が咲太のカッコよさを理解しているんですからそりゃ心配しますよねwまあ現実になるんですけどw

朋絵の今の自分に対する気持ち

f:id:shinji92:20181102000757p:plain
水族館デートで、朋絵が咲太に「今ペンギン先輩に似てる」と言ったペンギンは、みんなにはついていかなく、マイペースなところが、空気を読まない咲太に似てると言う意味ですね。

それに対し、「あたしは、違う……後ろからみんなについていってるペンギン」というセリフは、必死にみんなと話を合わせたり、嫌われたくない理由から空気を読みながら無理して友達付き合いしてる自分に重ねたセリフですね。

その後咲太が朋絵に「気に入ってないのかよ、今の自分」という質問に対し、「気に入ってる」。

その後思春期丸出しで「本当の自分はこんなんじゃない」と想いながらも化粧を覚え可愛くなった自分の事は気に入ってますが、でも言葉が重いのは、「無理して友達付き合いしてるのが本当に正しいのか」と疑問を抱いてるからですね。

朋絵のクラスのカースト

f:id:shinji92:20181102001746p:plain
朋絵が、米山さんがなくしたものを一緒に探してくれると言うと、米山さんは「朋絵は玲奈と同じグループだから」という理由で断りますね。

つまり、低いカーストに位置する人間が、一番リア充グループであろう玲奈グループとは関わっちゃいけない空気みたいなのがあるようです。

この現場に、朋絵が咲太ではなく玲奈たちと一緒にいたとしたら、朋絵は「探してあげようか」と提案するものの、玲奈が「いいよ、行こう」みたいな感じで拒否り、朋絵も渋々それに従う事になってたでしょうね。ここで「じゃあ自分一人で探す」って言ったら「空気読めない奴」って思われる事を朋絵は知ってます。

ちなみにアニメではすぐに見つかりますが、原作では30分以上探した後咲太が発見するんですがね。

アニメでは省略されてますが、原作で「古賀はさ、もし、玲奈って友達と同じ人を好きになったら、どうするんだ?」って咲太の質問に対し、「玲奈ちゃんには絶対言わない。そして諦める」と返しています。「空気読めない奴」って思われてハブられるから。

朋絵はハブられる事を最も恐れています。本当の友達なら「じゃあライバルだね」「応援するよ」とか、なんかそんな感じの台詞が出てくるんでしょうけど多分。

もろ過ぎる友達関係

f:id:shinji92:20181102003148p:plain
数日後、前沢先輩が流した「させ子」「咲太とヤりまくってる」という噂のせいで朋絵は玲奈たちからハブられてしまいます。確証もない噂を信じたり、仮に本当だったとしてもそれ程度の事でハブる時点でお察しですけどね。

そして七里ヶ浜駅で咲太たちを挑発した前沢先輩を返り討ち。恥をかかされたお返しは恥じで返す。翌日以降前沢先輩は「うんこ」と嘲笑されますw

その後玲奈からは「前沢先輩には幻滅」と言って朋絵を勉強に誘う玲奈。本当に性格悪いですねw

それでも朋絵は玲奈と自ら関係を修復すると原作では明記されてますが。

朋絵の咲太に対する気持ち

f:id:shinji92:20181102004153p:plain
ここまでされて、咲太に惚れない女の子がどこにいるでしょうか。

ラスト、動画の広告の麻衣を見ながらの朋絵顔は、「私じゃ勝てない」という顔です。

うんこ騒動の前に、朋絵が咲太に、バイト先のファミレスで桜島先輩とはどうなったか聞いていましたが、あれは咲太が麻衣とダメになってるなら、私にもチャンスがあるかもという意味も込めた質問だったんだと思います。

しかし咲太曰く、ループ騒動がなければOKもらっていた。つまりこの嘘恋人が終わったら二人は付き合う事になるだろうと察します。

でも咲太への想いが膨らむ朋絵ですが、「麻衣には絶対勝てない」と理解していて、諦めるしかないという悲壮感の顔ですね。

案の定、麻衣の不安事が現実になってしまったのでした。めでたし。