のべんこむ

アニメや漫画・ラノベ系記事

のべんこむ

MENU

【青春ブタ野郎ネタバレと解説】咲太の妹・かえでの過去と不登校になった理由は?

どうも、「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」のアニメがとうとう始まりました!

僕は原作がまだ3巻くらいしか発売されてなかった頃からずっと愛読していて、アニメ化もかなり楽しみにしていまし!

というわけで当ブログの青ブタ記事第一弾です!

f:id:shinji92:20181011234528j:plain

かえでの過去

アニメ第1話で、咲太の妹・かえでは過去のいじめを受けていて、そして現在絶賛不登校中という事実が発覚しました。

そして思春期症候群で体に勝手に傷がついてしまう現象も起きてしまいます。現在は不登校中でお兄ちゃんにべったりですね。

かえでの思春期症候群はどんな症状?

麻衣さんの思春期症候群は、他人に自分の姿が見えない、観測されないと言う症状ですね。仮に麻衣からぶつかったり、話しかけたとしても相手は気付かないという感じの症状です。

対してかえでは体に勝手に傷がつくという症状でした。

具体的に言うと、SNSで自分に対する悪口などを見ると身体に傷ができるという症状です。

咲太以外の家族やお医者さんは自傷行為と思ってたらしいですが無理もないですね。

かえでは中1の時、既読無視が原因でいじめが始まったという最近の中高生じゃありがちなことですね。

咲太が自分のスマホを海に投げ捨てたのもそれが理由です。

かえではスマホの通知音だけでも怯えるようになったためです。

かえでと花楓

日本人なら誰でも知ってる超有名人、桜島麻衣の事をかえでは知らないとアニメで描写されていました。

中1の時、かえではあまりに耐えがたいいじめの影響で、隔離性症候群という病気になってしまいます。要するに、「自分の人格が消える」という事です。

自分の人格がきれいさっぱり消え、いじめの記憶は愚か、思い出や家族の事さえ記憶が消えてしまいます。

しかし過去の記憶が何もない、新しい人格のかえでに周囲の人は戸惑います。

母親も「早く治るように」といったような事を本人に何度も言いますが、別人格のかえでは何も分かりません。

そんなどうしようもない彼女を救ったのが兄・咲太です。

実は、かえでの名前は、かえでではなく「梓川花楓」です。

咲太は、人格が変わる前と変わった後の花楓は別物という事にするため、今の花楓を平仮名で「かえで」と呼ぶことにしました。

それにより「かえで」は救われ、お兄ちゃんっ子になってしまったわけですね。

咲太が高校生にして妹と二人暮らしなのも、母親が花楓のせいでノイローゼになったりしてる中、咲太だけは花楓の事を理解していたため、父親がそう判断しました。

かえでは「花楓」に戻れるのか?

思春期症候群の影響で「かえで」になってしまった彼女ですが、彼女の病気は治ります。

原作は7巻で第1部は完結すると言うで、6,7巻が劇場映画化してるので、アニメでは5巻までやると思われます。

なのでアニメでかえでが主役の巻数の5巻もやるはずです。

そして、僕の中で、青春ブタ野郎シリーズで一番面白く、そして泣けるのは5巻だと思っていますので大注目ですね!