のべんこむ

アニメや漫画・ラノベ系記事

のべんこむ

MENU

【ファンタジア大賞金賞】お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか 感想 ゴミすぎて破り捨てたくなった

お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか (ファンタジア文庫)


ファンタジア大賞の金賞を受賞した作品、「お助けキャラに彼女がいるわけないじゃないですか」を読みました。

表紙に惹かれ、そしてあらすじを読んでみると「絶対俺が好きな奴だ!」と思い購入しました。

あまりにもゴミすぎる内容で思わず破り捨てたくなりました。

この作品を読んで面白いと思った方はこれから先見ないほうがいいです。

※ネタバレ注意

僕が想像した内容

魔光少女と言われる正義のヒーロー(魔法少女的な人)が、実はクラスメイトの一人で、その事実は主人公だけが知ってしまった。主人公はその秘密を守るために友達になろう!という感じのあらすじが書いてました。

そのあらすじを見て僕は「ヒロインと主人公だけの秘密」「ヒロインが一方的に主人公とは恋人だと勘違いしている」みたいな事を想像しました。

うっかり屋な彼女の秘密を守るために主人公が頑張る話みたいなラブコメ。まああってましたけども。

ふたを開けたら全然違いました。

主人公視点だけでよくない?

まず、話が登場人物みんなの視点で動いています。

主人公視点になったり、ヒロイン視点になったり、主人公の友達視点になったり。いやこれもう、ゴミでした。いらない。

後書きを見ると、新人賞に応募した時点では主人公視点のみだったらしいですが、編集に言われ、いろんな人視点にしたらしいです。

編集無能。

恐らくそうするメリットって、登場人物みんなの心理描写をかけることだと思います。

だったら最初から三人称形式でいいやろ!って話。

三人称じゃなく、こんなクソみたいな形式で書くメリット0。

ギャグ寒すぎ

主人公の一人語り?マジで寒すぎ。

「愛想笑いぃぃぃぃぃぃぃぃぃ」
「チャイムなったぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」
マジで見ててうざかった。

腐女子の妄想もつまらん。ありきたりすぎ。

かなりギャグいれてたけど、一度も笑えなかった。全部寒い。

キャラがゴミ

登場人物で、魅力的なキャラ0。みんなウザかった。

あと主人公が敬語って需要ない。敬語キャラは女だから活きるのであって、男の敬語キャラとかゴミでしかない。

イケメンくん腐女子ギャルもうざいだけでした。

メインヒロインの魔光少女さえ可愛いと思えませんでした。

あとヒロインと主人公池沼ですか?ってレベルで酷い。

ゲーマーズみたいな勘違いラブコメ描きたかったのかも分かりませんが、大失敗ですね。

こうすれば面白かったかもしれない

ラノベなんか書いたことない素人の僕ですが、仮に「こうすれば面白かったんじゃないか?」と思う点を言うとすれば。

  • 主人公に自分が魔光少女であるとバレてる事実をヒロインが認識している
  • 主人公視点もしくは三人称形式
  • 主人公を、イケメン空橋くんみたいな高校デビューという設定で敬語はいらない
  • 腐女子ギャルいらない

こんなところでしょうか。

ゲーマーズやD×Dの作者が褒めてたらしいですが、僕的に褒めるところ一つもなかったです。強いて言えば絵が可愛いくらいです。

とにかくゴミでした。てかあまりに読むのが苦痛すぎて半分でギブアップ。いくら新人賞でも酷すぎた。

「批判するなら全部読め」って意見があるかもしれませんが、僕には無理でしたすいません。

続刊が出ても間違いなく買いません。

まあこの作品は、作者より編集のせいで駄作になった気もしますね。