のべんこむ

アニメや漫画・ラノベ系記事

のべんこむ

MENU

恋と嘘ネタバレと考察!美咲の嘘と守りたいものとは?結末はどうなる!?

恋と嘘が面白くてしょうがない!

今回は、恋と嘘について僕が考察したことを発表したいと思います。

「恋と嘘」の、「嘘の」意味と、美咲がの秘密と、美咲の守りたいものについてです。

嘘の意味とは?

まず、原作5巻で、柊は「美咲には守りたいものがあるの。嘘をつき通してでも」と言っていました。柊は美咲の秘密を知っているようです。

美咲の嘘とは何でしょうか。

まず、これは第1巻で、由佳吏に届いた政府通知の相手が美咲だったことが関係しているでしょう。

1巻で政府通知の相手が美咲だったことに対し、美咲は由佳吏に全く追及していませんでした。

f:id:shinji92:20170712012401p:plain

美咲は事前から、こうなる事を知っていたんでしょう。

そして4巻で、そのときいた厚生労働省の一人、矢嶋が「お前が登録していた政府通知のサービスの方に何者かが介入した形跡のようなものがあった」と言っていました。

f:id:shinji92:20170712013529p:plain

恐らく、その「何者か」が柊なのだと思います。柊は政府通知の関係者で間違いないです。

美咲は由佳吏と付き合う事と、守りたいもののせいで由佳吏と不幸にしてしまいます。それを防ぐため、「嘘」をつくことによって由佳吏と莉々奈が結婚するように仕向けたのです。

f:id:shinji92:20170712014906p:plainf:id:shinji92:20170712014918p:plain

要するに、由佳吏の本当の政府通知の相手は美咲でした。

それを柊に聞いたのか、前々から知っていた美咲は、自分が由佳吏と付き合うと、守りたいもののせいで彼は不幸になってしまう。それを阻止するため、柊に「政府通知の相手を変えてくれ」と頼んだのでしょう。

f:id:shinji92:20170712015329p:plain

柊は由佳吏に、「由佳吏と美咲は運命の相手」と言っています。その言葉の真相は、こういうことではないでしょうか。

つまり、「由佳吏の政府通知の相手」が、嘘の真相なのだと思います。

美咲の守りたいものとは?

美咲は、守りたいものがあるから嘘をついたのは確定です。では、その守りたいものとは何でしょうか。

「それはきっと……美咲がすべてをささげて恋をしているから 15歳のあの日から」

第5巻で柊が言っていたセリフです。恐らく、この「15歳のあの日」に、守りたいものができたのではないでしょうか。

筆者は15歳のあの日が、親の再婚の日ではないかと思います。

美咲の両親は再婚です。美咲には、その再婚によってできた義理の弟・拓海がいます。

美咲が守りたいものというのは、拓海の事ではないでしょうか。

また、2巻のキャンプで、美咲がホタルに対し、「命を懸けて恋をしているんだね」と意味深なセリフをはいています。美咲が何かしらの病気である可能性よりも、弟が病気である可能性のほうが僕は高いと思います。

少なくても、両親の再婚というのが何かしらの伏線になっているのは間違いないと思います。

結末はどうなる?

5巻の柊の「そんなこと言ったって…美咲はもう…ッ」というセリフから、美咲は不治の病に侵されているではないかと考える人もいましたが、その可能性は低いと思いました。

他に美咲が病気である伏線っぽいシーンは何もなく、そもそも「守りたいもの」が関係している事だと思います。

そしてやはりヒロインが複数いるラブコメの結末ですが、どうしても主人公とくっつかないヒロイン、つまり滑り台が出てくるわけです。筆者としては、美咲も莉々奈も魅力的すぎて、どっちにも辛い思いをする展開は本当に嫌です。

この作品ほど、主要ヒロインがどっちも最高に魅力的な漫画はそうそうないと思います。

しかし、最後は莉々奈とくっつくような気はします。

本当に先の読めない展開で、どういう結末になるのかは予想しずらいですが、でもなんとなく莉々奈とくっつきそうだなーと曖昧な予想です。

ちなみに仁坂は、政府通知の相手と出会い、恋をして、由佳吏の気持ちは消えるんじゃないかなーとは思います。

政府通知で幸せになる仁坂と、そうではない恋愛で幸せになる由佳吏。そんな展開になるような気がします。

仁坂と美咲がくっつくって展開も全然ありそうな気はしますね。

しかし、読めば読むほど伏線が散りばめられていて本当に面白い作品です。ここ最近の恋愛漫画ではトップレベルで面白いですし、高クオリティでヒロインも可愛い素晴らしい漫画!もっと流行ってほしいですね。