のべんこむ

アニメや漫画・ラノベ系記事

のべんこむ

MENU

思い、思われ、ふり、ふられ(ふりふら)1巻1話ネタバレ&感想!アオハライド作者の新作

思い、思われ、ふり、ふられ 1 (マーガレットコミックス)

実写化・アニメ化もし大ヒットした漫画「アオハライド」の作者、咲坂伊緒の新作漫画「思い、思われ、ふり、ふられ」だが、このマンガがすごい!オンナ編で9位に輝き今とても注目されている作品。今作品はダブルヒロインとなり、由奈と朱里の二人がメインのラブコメ。

今回はそんな話題の漫画・ふりふら1巻第1話のネタバレをしたいと思います。

あらすじ

夢みがちな由奈と、現実的に恋する朱里。
正反対なふたりだけど、友達になりました。
モテる理央と、天然な和臣のふたりの男子も加わり、きらめく青春と本音をぶつけあう恋がスタートします

※コミック1巻参上

ネタバレ

この春から高校1年生になる由奈。彼女は今日、大好きな幼馴染のさっちゃんが引っ越してしまうことが残念で涙を流していた。そこで急に目の前にイケメンが現れる。
(知り合いだっけ…?人違い…?「でも昔から知ってるような気が。この人、絵本の王子様に、似てない・・・?)
初恋の人が絵本の王子様である由奈は、その王子様が目の前のイケメンに似てることに気づく。
「ウンコ」
(え、悪口?)
「そのまま歩くと踏むよ」
「あ、ありが、あれ」
お礼を言う前にスタスタどこかへ行ってしまったイケメン。
(王子様なのにウンコって言った…)

場面は変わり電車ホーム

(やっちゃった!サイフ忘れた!うわーどうしよー取りに戻る時間ないよーっ)
サイフを忘れてしまい、電車の切符を買えずに困っている朱里。
(あの人が一番声かけやすそうだけど…でもまさか見ず知らずの人なんてありえない・・・だがしかし!)
朱里は偶然その場にいた由奈に、お金を貸してくれないかと頼む。
「こんなお願いどうかと思うんですが、今日遠くに行っちゃう知り合いがいて、どうしても見送りたくて、絶対必ず返しますんで!」
「わかりました」
「ありがとうございます!明日にでもすぐ返しますっ明日またここに来てもらえますか?(本当に貸してくれる人がいるんだ…)
「わ、わかりました」
「あと何かあったときのために電話番号交換しておきません?」
さすがに見ず知らずの人に個人情報を教えるのはためらう由奈。
「じゃあこれあげます」
そんな由奈を見かねて、朱里は自分のブレスレットを由奈に渡し、必ず明日来る事を伝える。
「一応番号交換したほうが…」
「わかりました」
そんな朱里を信用することができたのか、番号の交換を了承する由奈。

場面は変わり学校帰り

母にパンを買ってきてと頼まれコンビニに寄ると、さっきのイケメンを発見。犬のフンを踏みそうになったことを指摘されたことが恥ずかしい由奈は、イケメンに気づかれたくないよう歩いていたが目が合ってしまう。
(2回も会うなんて、近所に住んでるのかな)

場面は変わり、翌日の電車のホーム
「本当に助かりました!」
朱里は約束どおり借りた千円を由奈に返す。
その後帰り道が同じということで、一緒に帰ろうと朱里が申し出る。
帰り道自己紹介をし、同じ年で高校も同じということが分かる。
そして由奈と朱里、進む道が同じで、朱里が「もしかしてすごい近所なのかなー」と言うと無反応の由奈。
いくら人見知りでも度が過ぎてると感じるが、「私のこと苦手なんだ」と自己完結するが、その後由奈が「自分の住所を調べたりしてるのか、悪い人だったらどうしようと思って・・・」と誤解が解け、由奈は朱里と家に招き入れる。

朱里は部屋にマンガがたくさんあることを指摘し、少女マンガの話になり、そして恋愛の話になる。
由奈は朱里に付き合ったことあるかどうか聞き、あると答えると、「じゃあ由奈は?」「ないよ私は!男子と話すのさえ苦手」
「でも待ってはいるんだ。こんな私のことを見つけてくれて好きになってくれる運命の人がいつかきっとって」
「それってそのまま自分を好きになってくれる人が出てくるのを、ただ待ってるだけって事?」
「朱里ちゃんには分からないんだよ、自分から動くのが怖いって人の気持ちは~」
「いや気持ちは分かるけど、自分では何もしないで自動的にあわられてくれるなんて そんなムシのいい話なくない?」

恋について語り合っているところで、由奈の幼馴染の乾和臣が、借りてた本を返しに来る。そんな彼と普通に話してる由奈を見て、「普通に男子としゃべれるじゃん!」と言うが、幼いころから彼を知ってる由奈は、和臣をそういう目で見たことは一度もない。

場面は次の日。

クラス発表で、由奈・和臣・朱里が同じクラスだと分かる。

その後、由奈は偶然、ウンコのイケメンと会い、イケメンに「朱里にお金貸してくれた人でしょ?」と聞かれる。それを聞いた由奈は、
「私を覚えたのは、私じゃなくて、ブレスレットをつけた私なんだ」と納得すし、そしてイケメンは朱里の彼氏だと思い込んだ。
だがその後朱里の家を訪ねたとき、イケメンが家にいて、「彼氏いるけどいいの?」「あれ弟だよ」
イケメンは朱里の彼氏ではなく、双子の弟であることを知り舞い上がる。

感想

自分から待っているタイプの由奈に、「ムシがよすぎない?」とズバっと言ってしまう朱里は正直キツいと思ってしまったが、それも彼女の見どころなのだろうか。

イケメンが朱里の弟と言う事は、姉弟間でのそういったいざこざもあるのかもしれない。今後の展開に期待したい。